MENU

ファイザー株式会社のフィナステリド錠

ミノキシジルと同じくらい有名なプロペシアは男性型脱毛症の特効薬としてAGA治療薬として利用されていますが、国内の製薬メーカーでもあるファイザー株式会社は2015年4月6日より、フィナステリド錠0.2mgおよび1mgのジェネリック医薬品の販売を開始しています。

 

また、この販売に伴い、厚労省から製造販売承認を2015年2月19日に取得しており、従来よりも安く治療薬を購入することが出来るようになっています。

 

ファイザー株式会社のフィナステリド錠には2つの容量が在り、購入時や使用時に容量の間違いを避ける目的で医薬品のパッケージには▲▼マークが付けられいるのが特徴です。

 

0.2mg錠の箱には0.2mg▲とマーク付けを行い、1mg錠の箱には1mg▼と言ったマーク付けが行われており、規格表示数よりも下の規格の医薬品が存在している事や規格表示数よりも上の規格の医薬品が存在していることを解り易く表記しています。

 

尚、ファイザー株式会社のフィナステリドの錠剤の形は先発医薬品でもあるプロペシアと同じ形状で、水で服用するタイプの医薬品になります。
異なる点は、錠剤に刻印されている文字などで、フィナステリド錠の片面にはpfizerが刻印され、反対側の面にはSUと言う文字列と容量が記されています(SU1もしくはSU0.2)。

 

また、フィナステリドは0.2mg錠はPTPシートの28錠タイプのみ、1mg錠はPTPシートの28錠タイプと140錠タイプの2種類が用意されており、90錠入りのボトルタイプはボトルの中に錠剤がバラで入れられています。

 

尚、フィナステリド錠「ファイザー」と言うのがこの医薬品の商品名で、5α-還元酵素U型阻害薬、男性型脱毛症治療薬としてファイザー株式会社が製造および販売を行っている医薬品になります。

 

ジェネリック医薬品ことからも、先発医薬品と比較をすると安いなどのメリットが有りますし、男性型脱毛症の抜け毛の原因を作り出す酵素を阻害する作用を持っており、服用する事で発毛を期待する事が出来ます。

 

ミノキシジルを服用するならこちらの成分も覚えておきましょう。