MENU

フィナステリドを継続的に服用する事で、うつや性欲減退症状が現れます

ミノキシジルと並んでよく紹介されるフィナステリドは、男性が薄毛を改善する目的で使う医薬品です。
しかし、フィナステリドは副作用が多く、妊娠を希望する女性にとって問題がある薬です。
男性に対する副作用は、フィナステリドを継続的に服用する事で、うつや性欲減退症状が現れます。
精神的な症状と共に深刻な点は、妊娠に関わる性機能が減退する事です。
性欲減退を感じる人は、服用者全体の中でも少なくありません。
フィナステリドの作用は、男性ホルモンと密接に関係しているので、勃起障害は代表的な副作用です。
勃起障害であっても、パートナーが妊娠を目指す事は可能ですが、精子減少の副作用は問題があります。
精子が減少してしまえば、受精の確率も下がるので、フィナステリドによる影響力は強力です。
これらの副作用は、フィナステリドの使用を中断すると次第に改善されます。
元に戻るまでの日数は、フィナステリドを服用している期間や量に左右されます。
また、薬に対する感受性は人それぞれ違うので、回復までに必要な時間は個人差があります。
副作用の中で最も深刻な影響は、女性がフィナステリドに触れる事で起こります。
男性ホルモンに影響する強力な薬は、女性にとって危険性が潜んでいます。
平常時を始め、妊娠中も女性は服用出来ませんし、触れる事さえ胎児に影響を与えてしまいます。
健康な赤ちゃんを希望するならば、絶対に触れない様に心掛ける必要があります。
リスクを高める状況は、男性が薬を使う場面で発生します。

錠剤を分割して服用する場合は、カッターを使って希望の量に分けますが、この時に問題が生じています。
薬は固めて作られますが、分割する事で断面が剥がれ落ちて粉になります。
発生する粉の量は僅かでも、女性にとっては影響力が強く、手で触れるだけでも危険性があります。
服用する本人だけではなく、パートナーの健康を危険に晒したり、生まれてくる胎児にリスクが降りかかります。
薄毛を改善する手段の一つですが、リスクの数と重さは見逃せない問題です。