MENU

副作用がほぼ無いシェンミンの作用をご紹介

男性の大きな悩みである脱毛には、男性ホルモンとの関連性があります。
男性型脱毛症の要因のメインはDHTです。この物質が増加する事により、抜け毛が目立つようになります。
男性型脱毛症対策として、ミノキシジルみたいな色々な治療薬品が出回っていますが、中でも粒状のシェンミンという製品が効果も高く人気です。
シェンミンにはDHTの動きを抑える作用があり、脱毛を停止させる成分も含有しています。その成分は3種類あり、カシュー、パンプキンシード、ソーパルメットです。これらの成分がDHTを退治し、脱毛症を改善します。
男性型脱毛症は、酵素と男性ホルモンが合体する事で生成されるDHTが原因であり、シェンミンにはこの合体を阻害する作用があるのです。
シェンミンには、脱毛抑制作用のみならず、他にも毛髪に関する多面的な作用を望める成分が入っています。具体的には、抗酸化効果の強いケルセチンやセレニウム、育毛効果の高いジンクやイソフラボン、トマトパウダー、ノコギリヤシ、亜鉛などで、毛髪に栄養分が供給されやすくなっています。
シェンミンの使用頻度は1日2度。食事の際に1錠ずつを飲みます。栄養サポートサプリでしかないので、重大な副作用の報告もなく、不安なく服用できます。
ただ説明書にある通り、持病を抱えている方や、その他にも病院に通っているような方は、必ずミノキシジルの服用前に医療機関で相談しましょう。医者の指示によっては使用が叶いません。
その他、シェンミンの性質を良く理解してから使い、異常を感じたらすぐ利用を止めるのが大切です。