MENU

フルタミンの効果と副作用

テストステロンは男性ホルモンであり、思春期を迎えてから発生量が増え、男性然とした骨格や筋肉を作り上げてくれます。その中の一部分は、5αリダクターゼにより変質してDHTになります。DHTにはテストステロンの補助作用があり、特に性器の発育に大きく関わっています。
しかし、頭頂部から生え際にかけての毛乳頭細胞に位置する男性ホルモンレセプターと合体してしまうと、皮脂の発生量を増やして、髪の毛の成長周期を乱してしまいます。
健康な環境であれば数年はキープされる成長期が、6か月ほどにまで短縮されてしまうのです。これにより髪の毛の寿命も縮み、髪の毛が弱くなってしまうのです。
このようにDHTのせいで悪化する脱毛症の事をAGAと言います。AGA治療薬品の一種に、ミノキシジルはもちろん有名ですが、フルタミンというものが存在します。フルタミンは男性ホルモンレセプターとの働きを抑え込み、DHTやテストステロンの活性を阻害する事が可能です。
脱毛症を悪化させる根元的な要因物質をブロックできるので、乱れていたヘアサイクルは、適正状態へと回帰する事になります。
フルタミンには、前立腺がん治療のための成分も入っていますが、これはDHTは髪の毛の問題のみならず、前立腺関連の不調にも関連してくる物質だからです。
前立腺肥大の抑制と同時に、薄毛解消作用も望めるというわけです。
フルタミンに関する副作用としては、飲み始めてすぐの顔の火照り、排尿機能の衰え、骨の痛みなどが挙げられます。ただし、時間が経つにつれほとんどの場合、良くなります。
また、フルタミンはDHTの生成をブロックするため、身体の女体化(乳房が膨らむ)が見受けられる場合があります。そして、肝臓疾患を抱えている方には、重大な肝機能障害が発生する可能性があるため、使用が厳禁である場合があります。ミノキシジルほどでなないですが、一定期間ごとの検診が必須です。